「Kotlin Development for Android (Create Your Own App)」を読みました

KotlinでAndroidアプリを作る練習をします。

TOC

  • Chapter1 Intro to Kotlin
  • Chapter2 Android Studio 3.0 Set-Up
  • Chapter3 Hello World! (Your First App)
  • Chapter4 Higher or Lower (Your Second App)
  • Chapter5 BMI Calculator (Your Third App)
  • Chapter6 Extras
  • Chapter7 Conclusion

英語が貧弱なのでだいぶ意訳でまとめていきます。要旨なのでエッセンスが入ってればいいんだよの精神です。

Chapter1 Intro to Kotlin

Kotlinについて、Javaと100%互換性がありコード記述行数が40%削減できる学習コストの低いすごい言語だよ、KotlinをはじめるためにこれからAndroid Studioをダウンロードしてセットアップしよう、そうすればアプリの開発が始められるよ、とのことでチャプター2へ

Chapter2 Android Studio 3.0 Set-Up

Android StudioのインストールとAndroidバイスのUSBデバッグ方法について。割愛。

Chapter3 Hello World! (Your First App)

Android Studioで新規プロジェクトを作成する方法と、デザイナーでボタンとテキストを配置する方法、ボタンにクリックイベントを設定する方法について。

Chapter4 Higher or Lower (Your Second App)

ユーザーの入力に応じて結果を変える処理、トースト、追加のアクティビティ(画面)を使用する方法について。

lblFeedback.getText()

とあるけど、Kotlinではgetter/setterでアクセスできる。

lblFeedback.text

それから、トーストの表示にtoast()だけ記述しているけど、実際にはこう書かないと動かなかった。

Toast.makeText(applicationContext, "Please enter a number", Toast.LENGTH_LONG).show()

Chapter5 BMI Calculator (Your Third App)

  • BMI = (weight(kg) / height(m)) / height(m)

アクティビティにデータを渡す方法について。

Chapter6 Extras

Kotlinからは微妙に離れるけど、その他のアプリケーション開発のスキルについて。

別方向(横向き)のスクリーンデザインと、アプリアイコンの設定方法。

Chapter7 Conclusion

ここまでにできるようになったことの振り返り

  • Build an app from scratch
  • Create diffrent activities for your apps
  • Link those activities together
  • Send data between activities
  • Understand and utilise constraints with different elements
  • Use images in your apps
  • Write your own Kotlin functions
  • Develop apps for different screen orientations
  • Create and change app icons

感想

ざっくりAndroidアプリを作れるようになりました。 しかし、要素の配置がいまいち思い通りに出来ない(相対位置を指定しないとぐちゃぐちゃになるのなんでかわかってない)ので、もうちょっとちゃんと勉強しないといけなさそうです。XAMLのときは実地でなんとかしたので手を動かすしかないか。

英語を読む気力がなかなか湧かなくて、短いテキストにもかかわらず読み終わるのに時間がかかってしまいました。英語もスラスラ読めるようになりたいなぁ。