最近やったこと

ここに何書いたらいいかわからないので最近やったことを書いていきます。

QiitaにDockerの記事を書いた

最近はDockerとかなり仲良くしていました。
といっても個人開発とか開発環境の配布に利用しているので、大規模開発でDockerコンテナを利用してサービスをクラウドサーバにデプロイしましたみたいなすごそうなことはやってない…あくまで開発者向け/サーバ向けアプリケーションの配布手段としていいかもなって思って使っています。

そういうことを思って使ってるうちにちょっとしたノウハウが溜まってきたので、TipsとしていくつかDockerの記事を書きました。

他にも何個か書いてます。自分の備忘録的面が強いけど、いつかどこかで誰かの役に立つといいな。

Dockerに関連して、OpenFaaSがいまちょっと気になっています。

多分クラウドサーバや任意のインターネットから叩けるグローバルなコマンドがほしいときに役立つんだと思うんだけど、いまのところそういった欲求がないので手が出てない。そのうち試したいです。

ホームページのサーバを移転した

10年近くずっとロリポップレンタルサーバー(当時はチカッパ!レンタルサーバーだったけどサービズ統合された)を借りていたんですが、どうしてもCGIじゃない常駐サーバ型のウェブサービスを作りたくなり、同じGMOグループのサービスであるConoHaでVPSを借りました。

チカッパ優待プランからの移行なので、月+100円で自分で自由に構築できるサーバを手に入れたことになります。現状、移行前後で不都合は起きてないのですが、サーバースペックが大きく様変わりしたのが若干気になるところです。

変わったところでいうと、サーバーの容量が120GB→20GBに大幅ダウンしたんだけど、別に120GBも容量使いきれる気がしてなかったのでどうでもいいし、むしろSSD化された?ことのほうが魅力的かも。これがサーバの応答速度にどれくらい影響するかは不明です。というか、今まで応答速度が気になるものをロリポップに配置したことがない…(高負荷のものは禁止されていたので)。メモリが512MBなのもちょっと気になるけど、共有サーバーに比べたらおそらくマシでしょう。

ConoHa自体の話は別の記事でやるかも。

Webサービス作り始めた

「どうしてもCGIじゃない常駐サーバ型のウェブサービスを作りたくなり」の部分の話。とあるVTuberのファンサイトをつくりたくて、でもやりたいことを実現するためには技術的ハードルをいくつか乗り越えないといけない、ということで、共有サーバーでは出来ないことがあり、サーバ移転をしました。課題が多くて難航しています。先週からほとんど調査ばかりしていて、まったくサービスのコードは書けていない…ぼちぼち走り出します。

課題の調査のために作ったWebチャット → Web chat system written in Elixir / Phoenix (for study)

とりあえず、上記が動いていればサービス公開の環境が整ってることになります。あとはコードを書くだけ。

Scrapboxを日記帳代わりに使い始めた

日記を書きたいけど日記帳がない問題を抱えていて、Twitterをお休みしたためにその不満が爆発した。

そんなわけで日記をScrapboxで書いてます。今日の日記はこれ。やってることTwitterとなんもかわらん。PWAに対応しているのかな?スマホのホーム画面に追加してポチポチしてます。

他にはBanishedの実績解除にチャレンジしたりとか、ふつうのWikiっぽい?使い方もやってます。まさにScrap。

おしまい

そんなところです。なんか元気になってきたし、ひとりでインターネットしてるのも寂しいので、6月になったらTwitter再開するかも。